気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。

 

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。
レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。


http://kome-hacco.com/



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2018-10-01

通常28日が理想とされる生理周期の中で、
減量に適した時期があるんですよね。

まず、生理初日を24時間目として
最初の1週間が「生理期」となります。

この時期は、
新陳代謝も衰え血行も悪く、からだの調子もすぐれず、
むくみが出やすく、体重が増加しやすい時期。

痩せにくい時期でもありますので、
過激な減量は禁物。

いくらがんばっても効果を望めないばかりか、
かえってトラブルになる可能性もあります。

なので、からだを温め、
炭水化物や脂質が不足しないように
注意することが大切です。

次に、生理期が終わると「卵胞期」を迎えます。
生理初日から数えて1週間〜12日前後です。

この時期は、
卵胞ホルモンの分泌が活発になるため、
からだの調子も安定し、女性にとって一番生き生きと輝く時期です。

痩せやすいので、
減量を始めるのにも最適です。

そして、卵胞期が終わると、今度は「排卵前後期」となります。
生理初日から10〜18日前後で、
この時期も心身ともに安定し、減量に適しています。

効率的に痩せることができますので、
ご飯内容に気をつけながら、積極的にからだを動かしましょう。

ただし、排卵日におりものが増えたり、
からだの調子を崩す人もいますので注意が必要です。

排卵前後期が終わると、
次の生理までの間が「黄体期」と「生理前期」となります。

この時期は、黄体ホルモンの影響で、
からだの調子も悪く、イライラしがち。
精神的にもかなり不安定でデリケートになります。

痩せにくく食べたものが脂肪になりやすい時期なので、
無理な減量はせず、
栄養のバランスを考えたご飯をし、
ゆっくりとお風呂に入ったりしてリラックスを心がけましょう。


ホーム サイトマップ