レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2018-06-25

減量中は、
食べる事に使われている食材に気をつけるべきですが、
味付けも大切なんですよね。

減量と味付け…
あまりピンとこないかもしれませんが、
意外とあなどれないんですよ!

読者様は、
濃いめの味付けをしている料理を食べたら、どうなります?

塩辛いので、
ごはんなどを大量にくちに入れて、
味覚を正常にしようとしませんか?

ごはんを大量に食べるということは、
糖質の過剰摂取につながります。
これでは、体脂肪を増やしてくれと言っているようなものです。

また、味付けの濃い料理というのは、
塩分が当然のように高めになります。

塩分の高い食べ物を体質の中に取り込むと…
水分を排出することが困難となってくるんですよね。

読者様は、浸透圧って知ってますよね?
濃度の高い方に水分がどんどん吸収されていくという性質のことです。

塩分の高い食べ物を食べ過ぎると、
体質の中で、浸透圧現象起きてしまうんです。

塩分が高くなったおいらたちの体質は、
なかなか水分を出すことができなくなります。

すると、体質の中に水分が過剰にたまり、
むくみの原因ともなりえるわけです。

まさに、減量にとって障害ですよね!

ちなみに、
塩分は、一日10g程度が理想的だと言われています。

塩分の低い食べる事でいかに満足するかということについては、
いろいろな方法がありますが…

トウガラシやシソといったものを加えると、
塩分自体は少なくなりますが、
十分に味のパンチ力は維持されるはずです。

また、お酢を使って酸味を利かせるというのも、
味の薄さをカバーする方法として有効!

塩分を上手にカットすることは、
減量の成功につながるみたいですよ!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術を賢く選択する方法