レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2014-07-13


ぐっどいぶにんぐー

今日実家に行ったら、子犬がいました(笑)

子犬とは言っても、大型犬だから…大きいんだけど、
子育てが一段落したら、ずっと母が欲しかったらしい。

ゼニカル飲んで、ずーっと犬の散歩に
行っているらしくて、玄米コーヒー飲んでいる
せいか、犬のおかげか若くなってたような気がする。

夫婦の会話も増えるとかママさんは言ってた
けど、気持ち的に明るくもなるし、良いと思う。

けどね…名前が「だいちゃん」(笑)

ダイエットを一緒にする相棒だから!?

息子がいないから初の長男なんだけど、人間らしい名前。

あさって、久しぶりに成田でも行こうか?って
言っていたけど、犬グッズを買いにいくみたい。

曇りのち晴れ次第で、雨だとだいちゃんより母の方が
寂しそうだって話が出ていたけど、本当に可愛がっているって
カンジ。

私よりも、大ちゃんに話しかけていることが
多い気がするし(笑)

アメリカに行きたいとか言っていたけど、今は
お留守番させるのが可哀想…と、一緒に旅行計画をたててる
みたいだし。

今はエアロビガールも全然使っていないみたい
だから、私がもらっちゃおっかな~♪

腰が気になるし、8時から!とか
決まった時間にできるわけじゃないし、仕事も不規則だから、
ジムに行くよりエアロビガールとか自宅でできる方が
私には良いんだよね~。

母もいよいよ愛犬家の仲間入り。

次に実家行ったら、だいちゃん・・・さらに大きくなってるんだろな~。



レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術を賢く選択する方法