レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2015-07-01


減量というと、
最もつらいのが空腹との戦いです。

自分が今まで余分に蓄えてきた
脂肪分をエネルギーに変えていかないと
減量は成功しません。

ところが、今までと同じように
空腹というのは変わらず襲ってくるもの。

ですから空腹感を紛らわせるような
一工夫が必要になってきます。

そこで
ぼくがお勧めするのは、水です。

水というのは、何もカロリーがありません。
もちろん、炭水化物や脂肪といった
減量の大敵になるような成分も含まれていません。

それでいて、水をコップ一杯でも飲んでおくと、
かなりお腹のすいた感じを抑えることができます。

ですから、
減量中には水はいろいろな場面で活躍をします。

例えば、
食べる事をする前にお水を一杯。
これだけでも、
食べる事の量を抑えることができます。
お手軽減量といえますね。

また水を飲む機会が増えてくると、
トイレの回数も多くなります。

実は、ここにも隠れたポイントがあるのです。

オシッコによって排出されるのは、
余分な水分以外にも老廃物なども含まれています。

老廃物は、うまく排出されずにたまってしまうと
むくみの原因となることもあります。

また、老廃物が身体の中にたまってくると、
代謝の力を落とすことも分かっています。

つまり
痩せにくく太りやすい身体になってしまうんですよね。

このような身体になってしまえば、
減量がさらに難しくなりますから、
何としても避けたいところです!

だから、
水分をこまめに摂取することによって、
減量の効果を高めてくれることが
期待できるわけです。

減量のために
水を有効に活用しましょう!

どんとはれ
レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術を賢く選択する方法