レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2016-04-22


減量に成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を日々淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすら踏み台昇降をやった人もいれば、
エアロビクスをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてご飯の量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずDHCのダイエットシェイクを飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、減量方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、日々淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

ひと月・二ヶ月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
身体に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
減量そのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「減量のことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっと減量の事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとは減量のことなんて忘れてしまう位の人の方が
減量に成功しているようです。


レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術を賢く選択する方法