自分に見合ったレーシックの種類を把握

自分に見合ったレーシックの種類を把握


自分に見合ったレーシックの種類を把握
まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。

RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。
一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。




自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2018-04-19

「倹約遺伝子」が
減量に関係してるって、
みなさま知ってましたか?

倹約遺伝子というのは、
体質に蓄えていたエネルギーが不足すると、
炭水化物の代謝を調整するインスリンをエネルギーの代わりとして使う…
というメカニズムを動かすDNAのことです。

太古の昔は、
今のように食べ物が豊富になかったので、
ふつかも三日も食べられないなんて、
珍しくありませんでした。

そんな非常時に倹約遺伝子が働き、
体質に蓄えていたエネルギーを使うようにできていたのです。

ところが、
現代は食生活も豊かになり、食べるのに困ることはありません。

倹約遺伝子をそのまま受け継いでしまった人は、
エネルギー過剰で倉庫は常に満杯状態になっています。
なので、減量がなかなか上手くいかないんです。

しかし、
太る原因は、倹約遺伝子ばかりではありません。

昔の暮らしに比べ、
ストレスや運動不足、カロリー過多のご飯も影響を与えています。

減量だからと食べたいものを我慢すれば、
それがストレスとなり
かえって食べ過ぎてしまうことにもなります。

ストレスにさらされると、自律神経が乱れます。
自律神経を司る「視床下部」は、
食欲をコントロールする大切な働きをしています。

ですので、自律神経が乱れれば、
食欲をコントロールできなくなり、
ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎということになるのです。

減量を成功させるには、
最初に目標を明確にし、現状を把握した上で
減量スケジュールを立てることが肝心です。

次に、連日記録をつけていくこと。
そして、連日のご飯や生活習慣を見直すこと。
ストレスは上手に発散し、
体質をこまめに動かすように心がけましょう!


自分に見合ったレーシックの種類を把握

自分に見合ったレーシックの種類を把握

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術を賢く選択する方法