レーシックは妊娠中は避けるべき

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。

awsの案内
https://cloudpack.jp/



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2017-09-26

こんばんは〜♪

女性は月が周期的に形を変えるように、
生理周期によって身体が変化します。

生理日と排卵日、これを境に分泌される女性ホルモンが全く異なるので、
エネルギー代謝(消費するカロリー)や
水分代謝(むくみの状態)が変わるのです。

ですから、女性の場合、
減量の成功に最適なタイミングと、
あまり減量しないほうがいいタイミングがあるのです。

つまり、
この生理周期に合わせて減量をしないと、
同じように実行しても効果が違ってきてしまうんですね!

減量を始めるのに最も良いのは、
生理が終わった直後です。

それは、生理が終わってから二週間は、
エネルギー代謝もアップして、
ムダな脂肪や水分の排泄が高まる時期だからです。

このタイミングで食事制限をしたり、トレーニングに励んだりすれば、
体重計の目盛りに変化が見られやすくなるはずです。

もちろん体重がすべてではありませんが、
やはり減っていればうれしいですよね!

特に減量を始めたら、
すぐに成果が出ないとやる気も出てこなくなってしまうものです。
始める時期のタイミングを見極めれば、
減量の効果も上がりやすいので、
結果が出れば、余計にやる気も出てきますよ!

それに対して、
生理前の二週間は、エネルギー代謝が低くなり、
水分を蓄えようとする時期なので、
なかなか体重の目盛りに変化が見られなくなります。

そうすると、
「こんなに頑張っているのにどうして減らないんだろう?」と、
ストレスの原因にもなってしまいます。

減量を始めるなら、
次の生理予定日の1週間前から生理中は
避けたほうが賢明です!

せっかくの減量に対するやる気を、
失ってしまってはもったいないですもんね!

とっぴんぱらりのぷう

ホーム サイトマップ