レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

ホホバオイルおすすめ
https://www.suplinx.com/shop/e/ejojoba/



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2018-11-12

巷には、様々なダイエット法がありますが…
少し間違ったダイエットというのもあるみたいなんですよね。

まず、思い浮かぶのが
「単品ダイエット」や「断食ダイエット」
というものです。

これらは極端に食事量が減りますので、
すぐに体重も減らすことができますが、
体質に必要な栄養素が不足してしまい、
逆にリバウンドを起こしやすくなってしまいます。

また「下剤」などを利用して、
体質の中に溜まっている不要なものを排出するという
ダイエット方法もありますが、
過度に使用すると脱水症状を起こすこともあります。

これは体重が減ったとしても一時的なもので、
脂肪が減ったわけではありません。

このようなダイエットを行なっていると、
体質にどのような影響がでてくるかということですが…

カルシウムなどをきちんと摂ることができないと
「骨粗しょう症」になってしまったり、
食生活の乱れによって
脳にある食欲中枢がコントロールを失ってしまい、
過食や拒食などの摂食障害を起こしてしまいます。

さらに、
卵巣の機能も乱れてしまい、女性ホルモンの分泌低下など
婦人科系にも悪影響がでてきます。

その結果として、
現代の女性に多い生理不順や無月経、無排卵など
不妊症につながるトラブルへとつながってしまうのです。

このように、
間違った危険なダイエット方法を続けていると、
さまざまなトラブルが体質に起こってしまう可能性が大きいです。

健康的にきれいにダイエットしたいならば、
正しいダイエットを行なうことです。
焦らずにコツコツとやることが大事ですよ。

・・・と、こんな事書いてみる

ホーム サイトマップ